So-net無料ブログ作成
検索選択

ロストロポーヴィッチ 『悲愴』 [クラシック]

週末に東京都美術館の『フェルメール展』へ行きました。凄い人出に驚きです。入場規制が・・・、幸い開場まもない時間に到着したのですぐに入場できたのですが、会場を後にする頃には大変な列の人が・・・。近くの『大琳派展』へも、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一の『風塵雷神図』を同じ場で一同に見ることはこのような機会がなければ無理でしょう。少し遅いですが、『芸術の秋』を堪能しました。また、少し『人に酔った』感じですか、さすが大東京は人が多くびっくりです。(3年前まで住んでいたんですが・・・。)

冬を感じる風が吹き始め、車窓から見られた「富士山」の頭は白くなっています。家に帰り、何気なく取り出したのが『悲愴』。作者自身は西洋への想い強く、民族的音楽とは少し距離を置き仕事をしていたとのこと。チャイコフスキー最期の作品。

      S37299.jpg
チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』。ロストロポーヴィッチ&ロンドンPO、1976年10月13~15日:ロンドンのキングスウェイ・ホールでの録音。D・モトリー&N・ボイリングによるEMI録音のアメリカエンジェル盤。
この年、指揮者は祖国ソビエト連邦から西欧へ亡命。その亡命後最初期の録音だったと思います。当然ながら故郷の作品を演奏すると自然に望郷への想いが浮ぶ、その故郷へは帰れなと想うとより強く感情が表れるのは人として自然のなりゆきでしょう。
いくら作品が故郷とは遠いところを想い作られた作品であっても、どこかに流れる故郷の香りは消し去ることは出来ないでしょう。その香りをこれほどまでに強く感じることの出来る演奏も多くはないと想います。そこには東西対立の時代背景が影響しているように思います。このような歴史がなければ、この演奏も登場しなかったことでしょう。ある意味大変重い演奏になっているように感じます。
この重い空気にロンドンのオーケストラは大変頑張っているように聴かれます。清々しく心地よい演奏とはとても遠いところにある、『想いの叫び』を感じる望郷の演奏でしょうか。

ところでこの録音、初出が6曲の全集。このLPは未聴なのですが、バラ売りでの『5番』を英EMI盤で持っているのです。が、これがいけません。私の盤が悪いのか、はたまた全てがこのような音なのか・・・、音像が中央から『左』へ偏っているのです。安心して演奏を聴く状態ではないのです。ところがこの米エンジェル盤は、エンジニア:ボイリングの素晴らしい録音を堪能できます。弦楽器群それほど左右を大きく広げてはいないのですが、それぞれのパートがハッキリ聞き分けられますし、奥行きのある管楽器群はエコーでボケることなく定位がハッキリとフォーカスされています。バスドラの地響き感も圧巻です。侮れません、米エンジェル盤。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トスカニーニ 『ローマの松』 [クラシック]

LP時代、30cmのレコードを『アルバム』って言ってました。高価で年少の私には、高嶺の花、なかなか購入できる『物』ではありませんでした。特にクラッシクで『同曲異盤』、同じ曲の演奏家違いを購入することはとんでもないことでした。レコード雑誌を隅々まで読み、慎重に慎重を重ね『清水の舞台から飛び降りる』思いで1枚のアルバムを購入したものでした。
で、レコード1枚入っただけのジャケット物も、見開きの解説付きのダブルジャケットもみんな『アルバム』と言ってました。見栄え重視で同じ価格で批評が似たような演奏なら、少し豪華なダブルジャケット盤を購入したものです。後年、勉学をおろそかにアルバイトに精を出しだした頃から方向性が変化しましたが・・・。

        LM1768.jpg
トスカニーニ&NBC交響楽団、レスピーギの『ローマの松』。1953年3月17日、カーネギーホールでの録音。米RCA最強のコンビ、モーア&レイトンによる優秀録音。左上の金色の『HI-FI』の文字が燦然と輝きます。
あと1年、いや半年、トスカニーニが現役で活動をしていれば、『Living Stereo』の録音が残っていたことでしょう。1年後1954年3月6日には、かの『ライナー&シカゴ響』によるステレオセッションが開始されています。本当に残念です。
年少時代、友人宅にあった『トスカニーニ全集』で育った私は、録音とはこんなものとのイメージが焼きついていました。ところが、米RCA盤で『新世界』やこの『ローマの松』、『ボエーム』を聴く限り、あの印象とははるかに違うレベルの再生音が私の部屋に満ち溢れるのです。

演奏については、素晴らしいの一言です。もう多くの人が多くを語っているようですから、私がまた駄文を披露することもないでしょう。しかし、これほど録音が良いと印象『◎』です。ただし『モノラル録音』です。

私が所有するこの『アルバム』。本当にアルバムたる由縁はコレを指すのではないかと思わせる豪華使用です。(本当の『アルバム』の由縁はもっと昔にあるのですが・・・)
全11ページにもわたり、モノクロですが『松』と『噴水』の登場箇所の写真と解説が載っています。
今回は、一部中身をご紹介しときます。

The Pines of ROME 1.jpg

The Pines of ROME 2.jpg

The Pines of ROME 3.jpg

約半世紀前の『アルバム』にしては、状態は良いほうだと思います。盤面も多少のキズはありますが、『モノラル専用』カートリッジであれば鑑賞の許容範囲です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ボールト ブラームス交響曲第2番 [クラシック]

最近、公共交通機関での移動(簡単に出張というわけですが・・・)多く乗り物好きの私はある意味大変楽しんでいます。
ただし新幹線はいけません。乗っていて遊び心がありません。ただの移動手段・・・としか感じません。特に東海道は!
そんな中、飛行機に搭乗の機会も結構あるのですが、20分くらい前に空港に着いて検査所を通過。雑誌などを購入して搭乗。到着後は、レンタカー窓口へ直行。空港でゆっくりなんて最近は考えられません。全て早歩きが基本。昔は、デッキなどで飛行機をボ~っと見ていたんですが。

そんな慌ただしい中、こんなにゆったり音楽に、ブラームスに浸れるなんて最高です。
        ASD2746.jpg
サー・エイドリアン・ボールト&ロンドンPOの好演。1971年1月16,21日、キングスウェイ・ホールにて、ビショップ&パーカーの名コンビによる最良の録音。
当時82歳の伯楽による、人肌の温もりが感じられる響き。ゆったりとゆったりと優しさが心に染みこんできます。
それは冒頭のホルンの響きで『イチコロ』です。その後は、伯楽の手のひらの上で転がされている感じでしょうか。とっても気持ちがいい!
ありえないことですが、そこにはまるで『人』の介在が全くないように思われ、渚での波音、草原を渡って来る風の音、そのような自然界の響きの様にオーケストラが包み込んでくれます。4歳年上のクレンペラーと共通するのは、美しい木管楽器の響き。弦楽器にスクリーンされることなく、かと言ってでしゃばって自己主張過ぎるでもなく、絶妙なバランスで私の元へ響きを届けてくれます。
この演奏は、今の私には最良の薬でしょうか。

先日久しぶりにプライベートで飛行機に搭乗しました。到着後に待ち合わせに少々時間があり昔を思い出し展望デッキへ。
地方空港は、滑走路まで近くていいですね。
        A320 離陸.jpg
これ『エアバス:A320-200』.。今回私がお世話になったのは『Boeing:737-500』でした。デッキに出た頃には、もう次の目的地へ出発した後でした。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シュミット&マズア モーツアルト:ピアノ協奏曲第26番 [クラシック]

私の住んでいる地方では、本日ハッキリしない天気、くもり時々小雨・・・。気持ちの良い天気ではありません。今も降ったり止んだりで、肌寒い感じです。
私が昔から応援するスペインのチームもパットしない試合を続けており、ライバルチームが圧倒的なゲームで勝利を続けていることとあわせて、天気と共に『気分』も晴れません。

        826 467.jpg
アンネローゼ・シュミット&クルト・マズア:ドレスデン・フィルハーモニーによる、モーツアルトのピアノ協奏曲第26番。1972年2月、ドレスデンの聖ルカ教会で旧東ドイツが誇る名録音エンジニア:C.Struben氏の録音。このLPで聴ける録音は、素晴らしい響きの中にクリアーなオーケストラ楽器とピアノが眼前にあります。

凛として迷うことなくリズムを刻み、メロディー・ラインが美しく沸き立つオーケストラの響き。この序奏で心は演奏されている聖ルカ教会へタイムスリップでしょうか、マズアはこんなに洗練された演奏してたっけ・・・と自問自答。そこへオーケストラの音に溶け込むようなピアノが美しく入ってきます。教会の高い尖塔へ透る響きのピアノ音です。これ見よがしなところは無く、『戴冠式』などと言う荘厳さではなく、モーツアルトが残したピアノ協奏曲がそこにあります。過度な装飾音は排除され、質素に簡素に演奏されるモーツアルトです。

2楽章においても、曲調に流されること無く『キリリ』と締まったギリシャ彫刻を思わせる響きが魅力的です。もっとロマンティクに演奏してと思うことも少々ありますが、ここでは磨き上げられた清くて禁欲的な演奏を・・・。

終楽章、リズミカルで美しいピアノとオーケストラの出だし。それに自然に醸し出される不思議な雰囲気が包み込みます。ここでも過度な思い入れは排除されどこまでも透明度の高い演奏がなされていきます。全曲を通しクリアーで気持ちの良い響きが虜にします。その響きは実演で聴いたシュミット女史に近い感じで、当時聴いていたLPとは一味違いました。

ここでのオーケストラ、ドレスデン・フィルハーモニー。1870年創立でシュターツカペレ・ドレスデンの陰に隠れていますが素晴らしいオーケストラだと思います。この後、ケーゲルとのベートーヴェン交響曲全集等で素晴らしい録音を残してくれています。マズアもここでは、完全にシュミット女史に主導権を持たせているように感じますが・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モントゥー&VPO 『英雄』 [クラシック]

今日少し外出しました。休日でもあまり出歩かない私には稀な日です。あまり連れ出さないので愛妻はいい気分ではないと思いますが・・・。
駐車場に車を置いて・・・、こんな光景に遭遇・・・。

        DSCF1800.jpg
愛妻と二人で近くのベンチに座り、しばらく『みけ様』の仕草を見てました。そして持ち合わせたカメラを向けたら、これみよがしにポーズをとってくれました。

天気がよくない一日、曇りから夕刻には雨粒が・・・。そんな少し憂鬱な気分を一掃してくれる爽快な『英雄』の演奏。
1957年12月2&3日、ウィーン・ゾフィエンザールにて録音。ピエール・モントゥー&ウィーン・フィルによるベートーヴェン交響曲第三番『英雄』。米RCA・プロデュースによる、英DECCAによる録音。プロデューサーは多分エリック・スミス、この頃のウィーンでのエンジニアは、ゴードン・パリーかジェイムスブラウン
先回に続き米RCA・ヴィクトローラ盤、1963年発売で有名なコンセルトヘボウとの録音と同年に世に出ました。
        VICS1036.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ライナー Ⅸ チャイコフスキーPC1 [クラシック]

8月終わりの大雨を思わせる雨が1日中続いた日曜日でした。
久しぶりに取り出したLPは、年少の頃から自宅にあった『世界名曲集』の中のチャイコフスキー・ピアノ協奏曲第1番。
それと全く同じ音源のアメリカ盤です。年少の頃から聴いていた盤は、片面に詰め込まれていました。このアメリカ盤は、1枚両面にたっぷり1曲収められています。
その”ステレオ盤”アメリカ初出のバシェット・プライスの『ヴィクトローラ』レーベル盤。日本では、日本ヴィクターからレギュラー盤の『リビング・ステレオ』が発売されています。アメリカで何故この盤が1958年のステレオ発売に登場しなかったのか・・・。

        VICS1039.jpg
1955年8月29日、シカゴシンフォニー・ホールでの記念的録音です。東西冷戦の最中、鉄のカーテンの向こう側から初めて西欧へやって来たピアニスト:エミール・ギレリス。ライナー&シカゴ交響楽団が完璧なバックアップ・・・、いや三者が同化した名演です。録音は、プファイファー&チェイスでしょうか、または、モーア&レイトンでしょうか。ちょうど、RCAが別々のチームで行われていたMONO録音とStereo録音を1本化し始めた頃になります。1955年10月頃からRCAがステレオ・テープの発売を始め、当然この録音もモノラルLPと同様にステレオ・テープで早々に発売されました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フルトヴェングラー ブラームス3番(54年) [クラシック]

残暑が厳しい中でも朝夕は秋を・・・秋を感じるようになりました。
でも昼間はさすがに暑い、残暑なんてもんじゃありません。わが地方ではいまだ熱風が・・・。

夏期休暇には、『ゆっくり音楽が聴ける』なんて思っていましたが・・・・なかなか思い通りにはならないもの。そんな中、私のターン・テーブルになかなか乗らないフルトヴェングラーの演奏、想い出の1枚です。

        
        2535 163.jpg
1954年4月27日 ベルリン、ティタニア・パラストでのライブ録音。博士、死の年のベルリン・フィルとのブラームス交響曲第3番の熱演です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サヴァール 『水上の音楽』 [クラシック]

『暑い、暑い』などと言っているとよけいに暑くなるけど・・・何日も北海道へ、仕事とは言え行ってきたためか愛知の暑さはよけいに異常に感じます。
そんなことを考えていたら、よくお邪魔するブログのmozart1889さんが『猛暑、冷房か古楽器か・・・・・なにか工夫せんとやってられんですね。』と・・・。

        WaterMusic.jpg

そこでこれ、サヴァール&ル・コンセール・デ・ナシォン、1993年3月録音の演奏。カタルーニャ、カルドーナ城での録音。以前別レーベルから発売されていた録音を自分の『ALIA VOX』からリマスターしての登場。

『冷房か古楽器か・・・』、それに『水上の音楽』とくれば『無敵』・・・か。しかも録音が『無敵』艦隊の本拠地スペイン・・・、しかしカタルーニャとマドリーは仲良くないんですけど・・・。
爽やかで、スマートな演奏。もたれるとこらなど何もない、城内に響き渡るキラキラと銀色に輝くオーケストラの音。音楽へ向かう一体感と勢いが良いですね。古楽演奏もこれ見よがしの感じではなく、自然に音楽に没頭させてモダン演奏、ピリオド演奏などと考えさせてくれません。ごく自然にそこに音楽があって演奏がある、そしてある意味サヴァールは姿を消してヘンデルがそこにいる、と錯覚してしまう演奏ではないでしょうか。
録音は相当に優秀ではないかと思います。響きの多い石の城内にも関わらずオーケストラの音は非常にクリアーに捉えられていて、奥行き感、左右への広がり感は素晴らしく思います。30人強のメンバーによる演奏なので盛大な低音はなし、しかしこの演奏にはちょうどいい厚みと思います。

『冷房と古楽器』で『水上の音楽』を猛暑に楽しむことができました。ありがとうございました、mozart1889さん!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カラヤン&VPO 『四季』 [クラシック]

また、『カラヤン&VPO』の録音です。
こちらは、カラヤン最晩年の1984年6月、ウィーンのホーフブルグでの録音。映像用のサウンドトラックとのこと!
当初は、ベルリン・フィルと録音が予定されていたようですが、サビーネ マイヤーの入団をめぐる楽団との確執からウィーン・フィルに変更されたとの噂が発売当時ささやかれていたように記憶します。
バイオリン独奏は、アンネ・ゾフィー ムター。ウィーン・フィルのリーダーとして、W・ヒンクの名前があります。
編成は、第一バイオリン 8名 第二バイオリン 6名 ヴィオラ 4名 チェロ 3名 コントラバス 2名 の明記があります。DVD映像を見ていないので詳しくは解りませんが、ライブ演奏&映像のようです。しかもカラヤン自身がチェンバロも担当。チェンバロにはもう一人、W.T.リードの名前もあります。
録音エンジニアは、EMIのカラヤン録音には欠かせないW・ギューリッヒです。 

        067 EL27 0102 1.jpg

カラヤンのヴィヴァルディ『四季』。私にとっては、70年代のベルリン・フィルとの録音が思い浮かびます。4個の『りんご』が並んだそのジャケットに強い印象が残っています。当時、イ・ムジチの『四季』を『崇めていた』私と友人は、アーヨ独奏盤とミケルッチ独奏盤を語り合ったものです。私はアーヨ盤を友人はミケルッチ盤を押していました。そして何を思ったかその友人が持ち出したのが『カラヤンの四季』でした。初回分には17cmのリハーサル盤がおまけについてました。
大編成でどのようにオーケストラをガンガン鳴らすのか・・・凄い演奏を想像していたのですが・・・。ちょっと肩透かし、流れるように、スートと曲が進んで行ったように記憶しています。また、シュバルベのバイオリンの音色がとっても甘く強烈な印象として残っています。これには、ある意味私の『完敗』でした。この演奏に対向できるLPを探せませんでした。今なら、カンテルリ&ニューヨーク・フィル盤でも出すんですが、この頃はまだカンテルリの演奏を何も聴いていない時期でしたから・・・。

で、この演奏。
今のムターを知っていればちょっと物足りないのですが、それでも十分にムターを感じることのできる素晴らしい演奏だと思います。カラヤンも前録音の様に流したところが少なく、案外メリハリが利いていてハッキリ・スッキリ感が新鮮に思われます。古楽器演奏のような斬新なところはないのですが、聴いていてとっても気持ちのいい録音だと思います。この録音には、ひょっとしたらカラヤンもウィーン・フィルもムターもいない、『四季』がそこにあるように感じるのは極端でしょうか。イ・ムジチの演奏でこの曲を知り、古楽器演奏で面白さを知り、結局自分が好むのは古楽演奏ではなく、このカラヤン&ムターの様な演奏なのでしょう。
編成も20名が多いのか・・・。確かに古楽演奏ではもっと少ない編成で演奏されています。しかし、ヴィヴァルディはヴェネチアのピエタ慈善院付属音楽院での演奏会で40名にも及ぶ女学生で自身の作品を演奏していたと言われています。それを考えれば決して大きい編成とはいえないのでは・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カラヤン&VPO 40番 [クラシック]

『ML-1』が帰ってきたのですが、なかなかゆっくり聴いていられないのが・・・。

曲の印象は、やはり初めて聴いた演奏が後を引きます。モーツアルトの交響曲第40番、1970年9月録音のカラヤン&BPO録音が私はそれになります。今の時代からすれば大きな編成での演奏、なのにスピード感があり美しい。

        LSC2535.jpg
1959年3月、ゾフィエンザールにて。カルーショウ&J・ブラウンが、米RCAの為に録音。同時期、DECCA&RCAがカラヤン&VPOを集中的に録音しています。カラヤンがVPO&BPOの監督になり『皇帝』と呼ばれはじめた頃でしょうか。

11年の開きが信じられないほど類似した演奏に感じます。英DECCAプレスの英RCA盤で聴けばもう少し鋭角な感じなのでしょうが・・・。米RCA盤は、柔らかくそしてスピード感を持ってスマートに。そして何とも美しいレガートが全曲を支配しています。

・・・、Euro 『イタリア vs スペイン』見ながらでは、やはり書けません。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。