So-net無料ブログ作成
検索選択

スターウォーズとウィルキンソン [映画]

スターウォーズエピソード4、私には第一作なのですが・・・。
日本では『未知との遭遇』が先に公開され、アメリカ本国での『スターウォーズ』騒動が伝わりワクワクしながら公開の日を待ったものです。

そこに聞かれた音楽は、後期ロマン派の作曲家が創ったのではと思わせる重厚で壮大な引き付けられるものでした。当然のようにその作者、ジョン・ウィリアムスが注目され、『未知との遭遇』,『スターウォーズ』等オリジナル・スコアからの組曲が作られオーケストラコンサートでも取り上げられ、録音も多く残されてきました。
ちょうど、『スターウォーズ』等が公開される少し前、1972年RCAが『クラッシック フィルム スコア』と題したコルンゴルドを筆頭にした大変魅力的な映画音楽のオリジナル・スコアによる新たな録音を開始していました。その影響が、あったか、なかったか、そのことに関しては判りませんが、非常にコルンゴルドの影響を受けた作品と後年ですが強く感じました。
        

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オードリー [映画]

ティファニーで朝食を』のオード-リーが好きです。なんと言っても美しいではありませんか。
基本的に娯楽映画が大好きで、何も考えず楽しめる作品がいいです。出来上がった作品は、作者から離れ一人歩きをはじめるのは映画に限ったことではありませんが、あまり深く考えなければならない作品は・・・。それに『良い音楽』があれば言うことなし、H・マンシーニ,N・ロータ,J・ウィリアムス等々。H・マンシーニは、『刑事コロンボ』をNHKが放送時に使用したテーマ曲が大変印象に残っています。
『ティファニー』が高級貴金属店であることをこの映画で知り、自分には関係ない世界だと思っていました、が・・・・。そんなことよりサントラ盤ジャケットのように美しい女性の存在が信じられませんでしたし、いまだに半信半疑です。(ジャックリーン・ビセットも同様)内容、ストーリーなど関係なく口をあいてスクリーンを見ていました。もしDVDなど購入した日には、お気に入りのシーンがいつまでも画面にありズーッと見入っている自分が想像できます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。