So-net無料ブログ作成
検索選択

ボールト ブラームス交響曲第2番 [クラシック]

最近、公共交通機関での移動(簡単に出張というわけですが・・・)多く乗り物好きの私はある意味大変楽しんでいます。
ただし新幹線はいけません。乗っていて遊び心がありません。ただの移動手段・・・としか感じません。特に東海道は!
そんな中、飛行機に搭乗の機会も結構あるのですが、20分くらい前に空港に着いて検査所を通過。雑誌などを購入して搭乗。到着後は、レンタカー窓口へ直行。空港でゆっくりなんて最近は考えられません。全て早歩きが基本。昔は、デッキなどで飛行機をボ~っと見ていたんですが。

そんな慌ただしい中、こんなにゆったり音楽に、ブラームスに浸れるなんて最高です。
        ASD2746.jpg
サー・エイドリアン・ボールト&ロンドンPOの好演。1971年1月16,21日、キングスウェイ・ホールにて、ビショップ&パーカーの名コンビによる最良の録音。
当時82歳の伯楽による、人肌の温もりが感じられる響き。ゆったりとゆったりと優しさが心に染みこんできます。
それは冒頭のホルンの響きで『イチコロ』です。その後は、伯楽の手のひらの上で転がされている感じでしょうか。とっても気持ちがいい!
ありえないことですが、そこにはまるで『人』の介在が全くないように思われ、渚での波音、草原を渡って来る風の音、そのような自然界の響きの様にオーケストラが包み込んでくれます。4歳年上のクレンペラーと共通するのは、美しい木管楽器の響き。弦楽器にスクリーンされることなく、かと言ってでしゃばって自己主張過ぎるでもなく、絶妙なバランスで私の元へ響きを届けてくれます。
この演奏は、今の私には最良の薬でしょうか。

先日久しぶりにプライベートで飛行機に搭乗しました。到着後に待ち合わせに少々時間があり昔を思い出し展望デッキへ。
地方空港は、滑走路まで近くていいですね。
        A320 離陸.jpg
これ『エアバス:A320-200』.。今回私がお世話になったのは『Boeing:737-500』でした。デッキに出た頃には、もう次の目的地へ出発した後でした。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

mozart1889

ボールトのブラームスはイイですね。しみじみと味わい深く、男性的で、あまり女々しくないのがイイです。
ただ、僕の持つDiskyの激安廉価盤は音が貧しい感じがします。あるべりっひさんのは英国盤LPなんでしょうね。音が良さそうですね・・・・。エエなぁ。
CDだと、どうも音が硬くなっているのか、もともとEMIの録音状態が良くないのか・・・・・・演奏が素晴らしいだけに・・・・・。
by mozart1889 (2008-11-09 08:02) 

こんにちは!

お久しぶりです!

 実は自分も、飛行機出張大好きです。
地方空港を出たとき、いかにもと言う感じの人口植樹が風に揺れ、
「ここから、どうやって行ったらいいんだろう?」的な、殺風景さには、魅了されます。

ところで、昨日はアーセナルに負けて、かなり、凹んでいます。
では、では。
by こんにちは! (2008-11-09 16:52) 

あるべりっひ

mozart1889 さん
コメントありがとうございます。
イギリス音楽演奏で際立っているサー・ボールト卿ですが、ドイツ音楽の自然な姿勢が私には好ましく感じます。
EMI録音の再生は難しいですね。TANNOY購入後、再生される音が一変されました。テクニクスを使っていた頃は、エコー感が強く定位がハッキリしませんでした。JBLで再生すると、硬質で奥行き感をあまり感じません。(最近は、JBLでもEMI録音の魅力を引き出すコツを見つけました。)
手持ちのボールト卿ブラームス交響曲4曲のEMI録音は、自然な感じがとても好印象です。

by あるべりっひ (2008-11-10 22:32) 

あるべりっひ

kotaroさん(こんにちは!さん) ご無沙汰です。

最近は、飛行機に乗る『ドキドキ感』が失われていく自分が悲しく感じます。それでも、先日『ポケモン・ジェット』に搭乗した時は何故かとってもうれしかったです。

私は、先週ホームで『ユーヴェ』に叩きのめされ立ち直れていません。
by あるべりっひ (2008-11-10 22:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。