So-net無料ブログ作成

お決まりの Mozart [クラシック]

 12月5日前にMozartの樂曲を一つ書き込みをしようと考えていたのですが、なかなか選択が出来ずにいました。ふと気づくと手に取っていたのが、このLPです。

指揮者ベームとギレリス父娘のジャケット写真、緊張するであろう録音の合間とはいえ、ほほえましいポートレートです。
ピアノ協奏曲第27番、Kv595、『鋼鉄のタッチ』のギレリスがどのように演奏するのか。非常に楽しみに購入した記憶があります。ウィーン・フィルと来日をし熱演を繰り広げたベームの指揮はいかに?
ベームは一つ一つの音を大切に表していきます。大切なものを『宝箱』から取り出すように優しく、ゆっくりと演奏します。ギレリスも負けてません、愛しむ様に一音一音を大切に表します。優しく包み込むように奏でていきます。今日、初めて気が付きました。これはひょっとしたら大変な演奏かも知れないと・・・。ウィーン・フィルの美音とはこのことでしょう。素晴らしい響きに中で、ゆっくりゆっくり歩んでいく演奏・・・。最後の響きが消え入り、針音が『プッチ・プッチ・・・・』と何度も聞こえるまで入り込んでいました。
購入した当初は、ただただ『ゆっくりな』演奏と思っておりました。この当時ベームの演奏を『ゆるフン』と呼んだ人達がいましたが、まさにその通りと思っていました。ギレリスがベームのテンポに併せた演奏と思っていました。今日この思いは、間違えではなかったかと・・・。
ギレリスの『鋼鉄のタッチ』は、『純鉄』の温かみのある深いタッチとしてこの曲を進めていきます。
             すばらしい!!

録音も以前はなんとも思わなかったのですが、今日の聞き直しでは第一楽章の序奏部分で管楽器が飛び出してくるのが気になるくらいで、グラモフォンのマルチマイク録音もなかなかと思わせます。ムジークフェラインザールの素晴らしい響き、奥行き感の中に定位の素晴らしい管楽器群。えっ、こんな録音だったかな??と自問の全曲でした。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 6

あるべりっひさん、毎度こんちはです。
ベームですか。
実は僕がクラシック音楽を聴くきっかけになったレコードが、カール・ベームです。
P.C.27番とは離れますが、ベルリンフィルとのモーツァルト交響曲25番だったと思います。
多感な十代の若者(バカ者?)だった自分に、衝撃的な耳体験をさせたのが、ベームでした。
あのゆっくりとしたテンポで始まる第一楽章がなんともいえないベームの25番というのは、あるべりっひさんが本文で書いているように、『大切なものを『宝箱』から取り出すように優しく』演奏しているのかもしれません。
小林秀雄が「モーツァルトの哀しみは疾走する」と表現した短調交響曲は40番の方ですが、こちらの25番は「どこに向かって疾走したらいいのかわからない哀しみが、沸騰する瞬間」といった感じの主題ですかね?
青臭くなってきましたから、この辺で・・・。

ラウルもいいですが、グティが素晴らしいですね!
エルゲラへの再評価なんかが起こっても良いのではないでしょうか?
by (2006-11-06 06:04) 

あるべりっひ

kotaroさん !!
>どこに向かって疾走したらいいのかわからない哀しみが、沸騰する瞬間。
今の私の気持ちそのものです。

グティがチームを牽引してます、今期急成長です。
by あるべりっひ (2006-11-06 22:56) 

mozart1889

この演奏は懐かしいです。僕もLPで持っています。
ギレリスとベームという巨匠の組み合わせが、幸福な名演を生んでいました。ウィーン・フィルの響きがまた極上の美しさです。
これは名演の名録音と云うべきでしょうね。大好きです。
by mozart1889 (2006-11-11 03:06) 

あるべりっひ

mozart1889 さん、コメントありがとうございます。
テキパキ、ジャンジャン、行ってしまう古楽奏法の演奏が最近耳につき、このような演奏の良さを再認識中です。
by あるべりっひ (2006-11-11 23:56) 

mozart1889

あるべりっひさん、この曲聴きました。
懐かしかったです。ギレリスは素晴らしいピアニストですね。今日は彼のベートーヴェン、ピアノソナタでも聴こうと思います。
トラックバックさせていただきました。よろしくお願いします。
by mozart1889 (2006-12-02 05:31) 

あるべりっひ

mozart1889 さん
コメント&トラックバック、ありがとうございます。

ギレリスのベートーベン・ソナタ、いいですね。「鋼鉄のタッチ」ここにありの名演ぞろいですネ。『エロイカ・バージョン』も好きです。まるでオーケストラを思わせる『大きな』演奏だと思います。
by あるべりっひ (2006-12-02 23:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。